もしあなたが投資競馬で勝てないと思っているのであれば
必勝法をお知らせすることができますが・・・

しかも、この方法で結果が出なければ全額返金します。

つまりあなたはノーリスクでこの投資法を得ることができるのです。

2006年成績、105戦101勝!勝率96.1%! 競馬「だけ」で
年間2,000万を稼ぎ出す!女流投資競馬コンサルタントの
投資競馬資産運用法2007 by 投資競馬実践会

スポンサーサイト

競馬「だけ」で年間2,000万を稼ぎ出す!女流投資競馬コンサルタントの投資競馬資産運用法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬情報最新トピックTOPに戻る

スポンサー広告 トラックバック:-

遠い記憶 根岸競馬場の歴史(9)

競馬「だけ」で年間2,000万を稼ぎ出す!女流投資競馬コンサルタントの投資競馬資産運用法

Athlon XP★2000+ FSB266 256K★SocketA★Thoroughbred★
 「競走馬=サラブレッド」。今では当たり前となった競走馬の品種だが、果たして明治時代の根岸競馬場では、どのような馬が主に走っていたのだろうか。今回はそれをピックアップしていきたい。

 横浜で競馬、あるいはジムカーナ(Gymkhana=娯楽的競馬)が始まったころは、日本産の馬か外国人が連れてきた中国産馬の馬が大半を占めていた。それも乗馬用とか、馬車用などの馬を思い思いに出走させていた。

 だが、根岸競馬が整備されるにつれ、内国産馬と中国産馬の中から競走馬が選りすぐられるようになり、両馬の優劣論もかしましくなってゆく。
最新サラブレッド情報は・・・サラブレッド人気blogランキング
一般的に優勢との声が強かったのは中国産馬。しかし、内国産馬は安く入手できることもあり、これを改良向上させてゆく必要論もあった。この間に、洋種馬も徐々に増えていった。

 洋種馬は1877(明治10)年ごろ、米国からサラブレッドの種牡馬が輸入され、優秀な競走馬も産みだされているが、洋種馬の改良が本格的になるのは日清戦争(1894~95=明治27~28年)後からである。これには強い軍馬を育てていこうとする国の思惑が背景にあった。

 1895(明治28)年末、日本レースクラブは初めてオーストラリアから、18頭の輸入を試みた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


庄内米 はえぬき5kg(精米)


◆サラブレッド関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト

競馬情報最新トピックTOPに戻る

競馬情報 トラックバック:0

<< ポルトフィーノ圧倒的強さ/エルフィンS | 競馬情報最新トピックTOP | 【K-1MAX】2・2直前会見でダジャレ合戦!? 「優勝するのは誰だ? お前だ!」(前田) >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。